owlboy

健太の留学

合宿初日(サマー③)

総勢35名合宿 座禅と瞑想から 合宿も基本の座禅と受け身や柔軟体操は、全員が縦横均等間隔で、きれいな動きが観覧のベンチからもホッとした顔が並ぶ。当番の父兄や、ブラウン会長の顔もあった。ランチの担当だろうか、白い制服の知らない人が何人かいる。 全員、大会出場の候補選手だが、前田先生は当初10名に絞っていた。
健太の留学

父兄会の支援で校内合宿(サマー②)

父兄会の支援 学校の校舎で、サマースクールと言った補習のような事業が有ったが7月末で終了するので、8月学校を利用するのは、柔道部だけだ。柔道部の父兄会は積極的に参加して、予算も付けてくれる話もあるらしい。親の立場として、学校の行事参加はお手のもので、学校側より計画が出来上がりステージママから柔道ママにへんし~ん
健太の留学

真夏の柔道特訓(サマー①)

ジュニアは二年制を選択 ケンタは、秋にはハイスクールに進級する。マイクに先立たれ、当初は集中できなかったが、5~6歳ごろから慣れ親しんだ道場の畳の感触は、気持ちを落ち着かせる。ニックもケンタの気持ちを察してか、時間の許す限り道場に誘ってくれる。昨年の秋、シカゴで優勝した柔道大会が、今年はデトロイトで開催だ。
健太の留学

マイクの葬送-4

輸血で延命 触感で意思の疎通 マイクは、確かに意識が戻ったようだ。うつろな眼差しで、吸引マスクに覆われた顔を少し左右に動かしたようだが、状況を認識できていない。お母さんが「マイクッ 分かる?➚」と、声をかけたが、返事が無い。医師が、「お家族が来ています、分かりますか?」と、声を掛けるが 呼吸器に覆われた唇は動かない!
健太の留学

オロフレ峠の遺恨?-3

ホテルサイドも全面協力 友人の危機に必死 ヘンリー少尉は報告を5分くらいで済ませ、折り返しホテルに向かった。部隊のMPも到着、先ほどの警察官を探してみたがパトロールで居なかったが、同じ署の鑑識やら、刑事やらごった返していた。ヘンリーは、最初に接触したボーイを探すと、少し浅黒い顔を真っ青にして出口のドアの脇に立っていた。