健太の留学

健太の留学

「歩くスキー」が温泉街の一大イベント

養父と祖父も気を使い注意してくれる 昨日の打ち合わせした内容を、祖父に伝えようと家に行くと、養父が祖父とお茶を飲みながら相談していた。健太がメモを見ながら話すと 「おー良くまとまったなあ、千治さん若い人たちのイベントが楽しみですね」 「人が沢山集まるのは大変だが、発起人には責任も出てくるので、大人にも良く頼んで置くんだよ!」
健太の留学

ウォーキングスキーで足慣らし

恒例の歩きスキーの時期だ 健太の留学が決まり是非やりたいらしい 近所の友達がシーズン前の歩くスキーをやる機運だ!健太は、あと半年か~とカルルスの生活がカウントダウンに入ったことが気になった!英語も話せないし、こんな田舎っぺがアメリカで生きていけるのか実感が湧かない。雪の日が多くなり、オロフレの山頂は真っ白だ。
健太の留学

マイクの退院は明朝

留学の手続きが養子扱いに 養父と祖父の奮闘 健太の留学について、複雑な手続きと語学の研修などが、意外な形で落ち着いた。国籍や、戸籍の問題がネックになって、養父はカルルスと札幌を何度も往復していた。札幌に再就職したが、フルタイムの勤務ではないので都合よく時間が作れた。 此処からは、健太が学校にいっている間に、決まっていたことです。 養父と祖父は、道庁に勤める友人のアドバイスと裁判所の先輩から得た情報を検討し、マイクに面会した。マイクは明日転院することが決まり健太の留学手続きが気になって居たが、そこへ2人が顔を出してくれたので、ホッとした顔で、 「有難うございます」とあいさつした。
健太の留学

「オヤジの家」の機密を伝承

祖父と米軍幹部との交友 国内では禁忌な物品を享受 雪も少ない日曜日、祖父が「オヤジの家」に行くと言うので、健太は桧原の両親に話をし了解を得て一緒に行くことにした。来るたびに洞窟の窓代わりの穴から石や苔を外して、空気を入れ替えてきたが、やはりかび臭い感じがする。洞窟の内側の遮蔽物も取り外し、空気を通るように半日開け放して置いた。  元々、洞窟の前面は開放されていたが、周辺の岩や石を運び重ねて、部屋にしたのでとり除くと、大きな洞窟に細工したのがよく分かる。祖父は、月に2~3回は風を入れていたらしいが、今年はマイクの事件で今日まで2か月以上開けていない。健太は前から見たかった、重い箱も今日は日差しの当たるところまで、引きずり出した。
健太の留学

キャンプスタッフの訪問

規律ある集団は見ていて気持ちがいい その場をくみ取り小声で短く応答 今の会話を、シルビアが逐一報告していたので、大佐も大尉も驚きを隠さず 「院長、私たちは十分時間がありますが、若し救助して頂いた人たちに、会えるのなら合わして頂ければ大変ありがたいのですが」と、大佐が提案してきた。 「用向きが、プライベートの話のようですが、予めお聞きしましょうか?」と、総務部長が話すと 「そうですね、では今わかる範囲でマイクと先生方のお話を聞かせてください」と、院長が仕切る。 「カーク、メモを取っておいてください」 「はいわかりました」と、若い下士官が短く返事する。 「シルビアもお願いしますよ、あ~マイクも居たか」