日本語の難しさ

健太の留学

単語カードの出番

千尋さんのプレゼン

健太は、、部屋の中を歩きながら、周辺の家具やモノを英語で話す練習をした、中々実感が湧かない。メモしたノート出してみたが、カナで書いた発音が正しいのか良く分からない。

山口さんの手作りテキストを開いて、単語と日本語の説明があって分かりやすいが、習っていない部分は辞書を引きながら進めた。

そこで思い出したのが千尋さんからのプレゼンだ。
「健ちゃんは英語に馴染んでいないし、英会話が出来ないと授業も理解できないだろうから、単語でもいいから口に出して動作で覚えたほうがいいと思うよ、このカードは自分で作るんだけど最初は自分の周囲を見回して、一つ一つ書いて辞書などを引きながら、仕上げるのよ」

「自分で作るんですか」と、健太は引いた。
「簡単よ、限りなく沢山あるが必要なものだけが残るので、表に英語とその意味を書き、裏側にカタカナで発音を書いて置き、覚えたら裏のカタカナは消してしまうのよ!」

「若し、教科書などを貰ったらノートに書くより、カードに作っておき何時もポケットに入れて、頭に残すようほうが早く覚えると思うよ!」と、カードの束を5個呉れた。その他に、分かりやすい日英の辞書的なテキストも用意していた。

(昼咲月見草)

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

「自然に口から出るようになったら、カードは必要ないから捨ててしまうのよ、捨てることが大事なの、私も来年は大学を受験するので、先輩たちに聞いたらこの方法を教えてくれたの 今実践中なのよ!」と、当時の千尋さんも英語で苦労して居たんだな、懐かしくなった。

「え~千尋さんと同じことが出来るのかな~」
「私と同じ内容ではないんだから、中学生の英語ならアメリカも同じレベルでしょう、ただ健ちゃんは半年近く英会話中心の授業らしいから、ネイティブの連中に追いつけるわよ!」
「マイクさんに聞いたんですか?」

「正月に来たとき、≪英会話がポイントだから半年でクリア出来るように頑張ってもらいます!≫って言っていたよ」と、マイクは既に想定して居たようだ。

それを聞いた千尋さんが、カードや辞書を用意してくれたようだ。
健太も、自室の壁とか天井とか最初は日本語の意味を書き、辞書を引きながらカードを完成ささせた。
まだ発音部分は、あまいので山口さんに聞きながら仕上げようと考えていた。

開けたドアから、静かに入ってきたマイクが、
「Kenta-kun I amazing!」(健太君は凄いね!)と、声をかけた。
「Attsu was surprised!」(あっつ驚いた!)
「It’s a good tune!」 (いい調子だね)

「I do not know still」 (まだまだ分かりません)
「Because it is the first day of ~」(初日ですからね~)

時々日本語が混じる 英会話の日が始まった。
「英語を話しながら、疲れを感じるようでは本物ではないらしいので、疲れたら頭を休めるために、日本語もありで じっくり進めましょうか?」
「そうですね、その瞬間 瞬間に頭で考えながらですから難しいですね」
「千尋さんから頂いた、カードに書く方法はどうなのでしょうか?」

「それは、グットなメソッドだと思いますよ」
「このように、間にわかる単語を挟んでゆくとエフェクティブですね」
「ザッツ オーライ」
マイクと話しながら、英語のカード作りを手伝って貰い、この先の進み方に自信がついた気がする。
英会話に不安があり、渡米に迷いもあったがマイクから
「子供だって英語を話すのだから、そんなに難しく考えずに英語に慣れ声を出して話すこと大事なんだよ」
「日本語の方が、大分難しいよ!」
「例えばワタシと言うと
自分のことをワタシ≪I≫(アイ)
モノを渡す≪Pass≫(パス)と、発音が同じでも意味が違う場合が多くありますね」
そう言われれば、日本語のほうが複雑に思えてきた。

健太アクティブに変身

山口さんも驚く

キャンプの会議室(教室)に着くと、山口先生も司令本部の事務所から出てきて
「Kenta Good morning」(健太 お早うございます)
「Yamaguchi teacher Good morning」(山口先生お早うございます)と、山口さんを真正面からみながら、大きな声を出した。

山口先生も、ちょっと驚いた顔で、健太の態度が昨日と違うことに気づき
「Kenta It is the healthy and fun today!!」(健太 今日は元気で楽しそうですね!)
「Thank you also today entered!」(ハイッ 今日もよろしくお願いします!)と、丁寧に頭を下げて、あいさつをした。

挨拶の後、昨日の復習作業について報告し、千尋さんから頂いた単語カードのことを話すと
「 It is a good sister! I was also made」 (良いお姉さんですね!私も作っていましたよ!)
「Kenta Mr. aggressive, it is lucky mood!」(健太君が積極的で、ラッキーな気分です!)
「Since only just started, I do not know」 (始まったばかりなので、わかりませんよ)
昨日の部分を復習しながら、日常の会話に部屋家具や設備など、身の回りのことを会話の中に織り交ぜて進む~

廊下に聞けるる英会話

マーサー夫人も満足

「And a serious student, I’ll survive ~ 」(真面目な生徒さんで、助かるわね~)とマーサー夫人が顔を出した。
「The Mercer Mrs. you saved Oh’m so」(そうですよ マーサー夫人 おお助かりです)と、山口先生まで持ち上げすぎだ。
「Hello ~Mis  Mercer 」(こんにちは~マーサー夫人)
「Now, although I heard in the hallway, it is very good!」(今、廊下で聞いたのですが、大変いいですね!)
「Thank you Mrs. Mercer」(マーサー夫人 ありがとうございます)と、礼をした。

「Kenta is, did you look at, depending in the mo」(健太が、気になって寄って見たのよ)
「Positive and, it is strong Mercer Mrs.」(前向きで、好調ですマーサー夫人)山口さん
「That’s a good trend」 (それは良い傾向ですね)
「Early in my curriculum text also let you me!」(早めに 私の教科テキストもお渡ししましょうね!)

「It is all right!」(大丈夫ですね!)山口さんが、請け合う。
「The senior of the text, it was in simple」(シニアのテキストを、シンプルにしました)

「I I was disturbed, Good luck Kenta 」(邪魔したわね、ケンタ頑張ってね)
「Thank you 」(ありがとうございます)健太は、少しうれしくなる。

マーサー夫人は、笑顔でサッーと出て行った。
「I I’m his wife and I ~ soldier’s truly ~」(流石~軍人の奥さんだわね~)山口さん感心