6年生が記者発表会でレポータ

自分が這えば運べるぞ! 「自分の背中にのせれば、上手くゆきそうだ。直ぐ話しかけました(兵隊さん、僕の背中に乗ってください)と、話しかけたが、兵隊さんは気力がないのか、目をつむって反応がありませんでした。なんとかあの崖下の小屋まで運ぼうと、体を揺すって繰り返し話しかけました」

ジープ転落事故の記者発表会

記者発表は定刻通り開始 マイクを救出したのが根曲がり竹のタケノコが出る頃で、もうすぐ夏休みのこの時期北海道が一番好きな季節だ. 「皆さん、ただ今から、オロフレの原生林から生還した、マイク・サタケさんの記者発表会を開催します。わたくしは、登別国立病院の佐々木といいます。

ジープ救出ツアー

輸送車が止まった場所は根曲がり竹の密生地 オロフレ街道は、未舗装で春先は降雪の影響で、側溝が崩れ道路が寸断、補修工事で『峠開き』が予定通りに開通出来ないことが度々。 輸送車が止まったのはオロフレ街道の峠寄りで、左側は30メートル位の岩場

記者発表の打ち合わせ

マイクで車いすでリハビリ 廊下の端から、白衣ではない男性が近づいてきて、 「クリードさんですか?あっ、マイクさんに戻ったのでしたね、私は総務部の佐々木と言います」と、、名乗り右手を出してきた。 マイクも右手を出して、握手しながら 「マイク・サタケです」

柏木院長が即興の脚本家デビュー!

≪オロフレ峠のカーブで崩落事故!瀕死の軍人地元住民と遭遇、山深い山小屋に収容、裂傷の治療はできたが、左足が骨折しているため動かせず、3日目に住民1人でカルルス温泉に、救助要請に来て事故と怪我人の事が明らかに。住民とアイヌ族の若者たちの救出作業に協力し、病院に収容したが所属や氏名の記憶喪失で加療中≫